ラビットアプリ

Ravit(ラビット)に美人局は存在する?美人局の手口・騙された体験談や対処法を紹介

みなさん、こんにちは。
マッチキャンプコーチングトレーナーのTOMOです。
今回のレッスンでは、2018年12月にリリースされたマッチングアプリRavit(ラビット)について解説します。
マッチングアプリRavit(ラビット)は、AIエージェント型という斬新な機能が搭載されていて、2020年7月現在では結婚・交際報告数No.1であり、注目されているマッチングアプリです。

そんな今大注目のRavit(ラビット)を使う際、比較的新しいマッチングアプリなのでこんなことを思っている方もいるのではないでしょうか?

「Ravit(ラビット)に美人局はいない?」
「Ravit(ラビット)に美人局がいるとしたらどんなことされるの?」
「Ravit(ラビット)に美人局がいるとしたらどんな手口を使ってくるの?」
「Ravit(ラビット)で美人局に出会った時の対処法ってあるの?」

今回のレッスンではRavit(ラビット)でもしも美人局に遭遇してしまったとしても対処できるように解説していきます。
この記事を読んで、是非美人局に遭遇しないようにトレーニングを積んでください。

<この記事の要点>

・美人局とは、第三者の男性と女性が共謀して被害者となる男性から金品を脅し取る行為のこと
・Ravit(ラビット)に美人局はほぼいない
・相手が美人局だと思われる場合は迷わず通報すべし

この記事に登場するコーチングトレーナー

そもそも美人局とは何なのか?

筆者は、「美人局」という言葉はもともと知らずYoutubeでたまたま知りました。
その際、「美人局」を「つつもたせ」ではなく、「びじんきょく」と読んでいました。
漢字だけ見ると惹かれてしまいそうになる単語ですよね…

そもそも「美人局」とは何なのか、言葉の意味を調べてみました。

美人局とは、被害者になる男性が女性と肉体関係を結ぶか、または結ぼうとした時に、女性と事前に示しを合わせていた第三者の男性が現れて、この第三者の男性と女性が共謀して被害者となる男性から金品を脅し取る行為のことです。
この第三者の男性は、その女性の夫や恋人である男性である場合もありますが、その女性と交際関係のない男性である場合も多いです。

「美人局」の語源

もともと中国の宋の時代の書物である『武林旧事』にでてくる犯罪の名前が語源だということです。
娼婦が少年に近づいて、突然そこに男がやってきて妻や彼女であると嘘をついて、金品を奪うという手口だったそうです。
中国の宋の時代といえば、960年〜1279年なので今から1000年以上も前から確認されている行為ということになりますね。
人間、進化しているようで太古の昔から変わっていない部分もあるんですね。

<この章のポイント>

・美人局とは、第三者の男性と女性が共謀して被害者となる男性から金品を脅し取る行為のこと
・美人局のような行為は、1000年以上前から確認されている

Ravit(ラビット)には美人局はいる?口コミ・評判を調査

Ravit(ラビット)に美人局がいるのでしょうか?
筆者が実際に口コミや評判を調べてみました。
TwitterなどのSNS、5チャンネルなどの掲示板、App Storeのレビューなどで調査しましたが、美人局や美人局に準ずる書き込みは一切ありませんでした
Ravit(ラビット)には美人局などの悪質な人物が少ないことが伺えます。
では、なぜRavit(ラビット)に美人局はいないのでしょうか?
その理由は次の章で解説します。

Ravit(ラビット)に美人局はほぼいないと言われる3つの理由

Ravit(ラビット)はマッチングアプリの中でも美人局が少ないと言われています。

その理由は、以下の3つです。
・Ravit(ラビット)はFacebook認証ができないと登録できない
・Ravit(ラビット)に会員登録する際に個人情報の確認がある
・24時間体制でRavit(ラビット)運営会社がアプリ内を監視している

一つずつ解説していきます。

Ravit(ラビット)はFacebook認証ができないと登録できない

Ravit(ラビット)には美人局はほぼいないと言われる理由に、他のマッチングアプリと決定的に違い、登録する際の認証方法をFacebook認証のみに絞り込んでいることが挙げられます。
なぜFacebook認証に絞ると美人局は減るのでしょうか?

ポイントは美人局を実行する際の工数にあります。

例えば以下のような2つのマッチングアプリがあったとします。
・メールアドレスを作成したらすぐに登録できるマッチングアプリ
・メールアドレスを作成し、その後Facebookのアカウントを作成してからでないと登録できないマッチングアプリ

上記2つを比べると、明らかにFacebookアカウントを作らないと登録できないマッチングアプリの方が工数がかかり登録難易度が高いことがわかると思います。

美人局としては、できるだけ多くのアカウントを作成して、多くのユーザーとやり取りできた方が、美人局の成果に繋がるので、登録のハードルが低いマッチングアプリに注力するのは想像しやすいと思います。

Ravit(ラビット)に会員登録する際に個人情報の確認がある

美人局は、男性が女性になりすまして誘ってくることもあります。
その際、Ravit(ラビット)では必ず身分証明書で個人情報の確認を取るので、男女を偽っての登録は不可能です。
そして、アプリ内で怪しい動きをとったユーザーがいた場合、運営側によって利用制限をかけられる、もしくは強制退会させられますので二度と登録できなくなります。
この点からも美人局のような不正利用をするユーザーが登録するハードルが高いことが伺えますね。

24時間体制でRavit(ラビット)運営会社がアプリ内を監視している

Ravit(ラビット)は運営会社が24時間体制でアプリ内を監視しており、少しでも怪しいユーザーがいたらすぐチェックすることを欠かさない仕組みになっています。
ここからも、Ravit(ラビット)は美人局などの要注意な不正アカウントがアカウントを作りづらい仕組みになっています。

このような理由から、Ravit(ラビット)は他のマッチングアプリに比べて極めて安全なアプリだと言うことができます。

<この章のポイント>

・Ravit(ラビット)は登録する際にFacebookアカウントが必須であるため工数がかかり、美人局は敬遠するアプリである
・Ravit(ラビット)は24時間体制で運営会社がアプリ内を監視していることから、極めて安全なアプリだと言える

Ravit(ラビット)で実際にあった?美人局の体験談

実際に相手の女性と会っていないので真相は定かではありませんが、筆者がRavit(ラビット)を使っていて美人局?と思われる女性に積極的にLINE交換を求められたことがあります。
LINEでやりとりをしていたところ、「別れてくれない暴力的な彼氏がいる」などと前置きをしてくる女性がいたのです。
こういったケースは少なからず美人局の可能性もあるので注意しましょう。

<この章のポイント>

・LINE交換を積極的に求めてきて、かつ暴力的な彼氏がいると言ってくる女性は美人局の可能性があるので要注意

Ravit(ラビット)にいるかもしれない美人局の特徴

では、美人局がRavit(ラビット)に存在するとしたら、どんな特徴があるのでしょうか?
美人局に多い特徴は以下の通りです。

・勝手に待ち合わせ場所を指定してくる
・プロフィール写真が異常に美人または可愛い
・連絡先の交換に積極的すぎる
・貯金などを知りたがる
・プロフィールの自己紹介文がテンプレートのみになっているまたは書いていない

一つずつ見ていきましょう。

勝手に待ち合わせ場所を指定してくる

美人局は、彼氏か夫役の人物と結託しているため、場所の指定をしてくる場合が多いです。
あなたの職場がどこにあって、どこに住んでいるのかも聞かずに勝手に待ち合わせ場所を指定することは、冷静に考えると不自然なことです。
もし美人局ではなかったとしても、そのお相手は他人のことを思いやることができない人なので長続きはしないでしょう。

プロフィール写真が異常に美人または可愛い

プロフィール写真が異常に美人だったり、可愛いお相手には十分注意しましょう。
プロが撮ったモデルのような写真をプロフィール写真にしている場合は、美人局である可能性が高いです。
この場合は、スクリーンショットしてGoogleの画像検索をしてみるのをおすすめします。

連絡先の交換に積極的すぎる

女性は良く知らない男性の連絡先をすぐに知りたがるものでしょうか?
顔も見えないやり取りなので一般的に考えて、連絡先交換に慎重になっている女性が多いでしょう。
そう考えるとやはり積極的すぎる女性には警戒しましょう。

貯金などを知りたがる

美人局の最終的な目的はお金を取ることです。
お金がない相手からお金を脅しとることは不可能ですので、実際に会う前にお金を持っているかどうかを知りたがって聞いてくることがあります。

でも考えてみてください。
あなたは会ったこともないお相手に貯金どれくらいあるかなんて聞きますか?
常識的に考えてそれはないはずなので、不自然な流れで聞いてきたらその時点で普通の人ではないでしょう。
美人局などであることを疑いましょう。

プロフィールの自己紹介文がテンプレートのみになっているまたは書いていない

上述の通り美人局はたくさんの男性にアプローチをして成果に繋げようとしています。
そうなると、プロフィールの自己紹介文に注力するのは困難であり、後回しかやらないかのいずれかになると考えられます。
美人局などの悪質なアカウントであることを疑いましょう。
そもそもプロフィールの自己紹介文をしっかり書いていない人は出会いに本気ではありません。
美人局かどうか以前の問題で、そのようなお相手に時間を使うこと自体、筆者としてはおすすめできません。

<この章のポイント>

・相手のプロフィール写真のクオリティが異常に高い場合や、自己紹介文が簡素な場合は要注意
・待ち合わせ場所を勝手に指定してくるなど、不自然なやり取りをしてくる場合も要注意

Ravit(ラビット)で美人局に狙われやすい男性の特徴とは

高収入の男性

上述の通り、美人局の最終的な目的はお金を取ることです。
プロフィール項目に年収を載せている年収が高い方はターゲットにされやすいので注意してください。

女性からの「いいね!」を多く受け取っていない男性

美人局は、女性から「いいね!」を普段あまり多くは受け取っていない男性を狙ってきます。

<この章のポイント>

・高収入の男性、「いいね!」を多く受け取っていない男性は美人局に狙われやすい傾向にあるので要注意

Ravit(ラビット)で美人局の被害に遭わないための対処法

怪しいと思ったら違反報告で対応!

上述の美人局の特徴を踏まえて、「この人怪しいな」と感じたらブロックするか通報して連絡を取るのをやめましょう。
以下で怪しい会員を通報する手順を解説します。

怪しい会員を通報する手順

①怪しいお相手のプロフィールを表示する
②右上の「…」ボタンをタップする
③「違反報告する」をタップする
④違反の種類を選択する
⑤「違反の具体的な内容」を入力する
⑥「入力内容を確認」をタップする

簡単に個人情報を教えない

美人局に限らず悪質な相手に個人情報を教えてしまった場合、その時点で弱みを握られてしまいます。
実際にその相手と会わなかったとしても、教えた情報をネットなどに晒されたり悪質な業者に売られてしまったりする可能性があるので個人情報は絶対に教えないように心がけましょう。

<この章のポイント>

・相手が怪しいと思った場合は違反報告で対応
・個人情報を相手に教えると弱みを握られることになるので要注意

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はRavit(ラビット)に美人局がいるかどうかと遭遇した際の対処法について解説しました。
結果として、Ravit(ラビット)は安全に使えるマッチングアプリだということが改めてわかったと思います。
この記事を最後まで読んだみなさんも是非Ravit(ラビット)を活用して健全な出会いを掴んでください!

-ラビットアプリ

© 2020 マッチキャンプ Powered by AFFINGER5